待遇

時給950円、実働7時間30分、休憩時間合計1時間30分、交通費一部支給。

相場がどんなもんかわからないが仕事の内容が内容だけにちと安め。プラカード持ちの方が割が良いかもしれない。 昼休憩1時間以外に午前と午後に15分の休憩があった。昼休憩以外は別にいらないんだけどこればっかりはしゃーないね。

物流会社で服の値付けバイト

最寄り駅からバイト先の物流会社までバス送迎があるとのことで通勤も楽チンだと思いバイトに応募。 説明を聞くとどうやら服をハンガーにかけて値札のタグを付けてダンボールに納品していくという流れの仕事らしい。うーん楽そう。

私の他にも6人くらい同じ作業をする単発バイトの人がいた。おっさんから学生まで老若男女問わずといった感じ。 私以外の人は経験があるっぽく「これはこうするんだよ」的なことをやんわりと教えてもらった。 と言っても複雑なことは特に無いので一度やればすんなりと作業が出来た。

男性陣は黙々と、女性陣でもおばちゃん同士はおしゃべりしながら、女学生は黙々とひたすら値札のタグ付けを行った。 倉庫内は空調完備されており暑くなく寒くもなく働きやすい環境だった。 扱う商品は服なので特別重いものではなく、ダンボールに梱包し終えたら近くにあるパレットに置いておけば気がついたら物流会社の社員がフォークリフトでどこかに運んでいく。 単調だけど暇でもない程よい作業量。連携する作業も無くストレスフリーだ。 学生が休日に小遣い稼ぎするのにちょうどいい感じ。この仕事したからって疲労がたまるほどでもない。

そして人数に対して捌ききれない量の商品があったからか作業スピードについて何か言われることもなかった。 特別急いで作業していたわけではなかったけれど勤務時間終了時に社員から「結構進みましたね、ありがとうございます」と言われた。 残りはまた翌日以降に単発で誰かがやるのでしょう。

場所によりけり?

一緒に作業していた人の話ぶりから察するに簡単な値付けの仕事でも場所によっては値付け以外の肉体労働を強いられることがあるらしい。 値付けする商品自体の数はそんなに無くて終わったらなんか重い商品運ばされるようなことがある場所にはあるそうな。 そんで空調完備の現場は比較的少ないとのこと。あとベテラン単発バイターが居座ってる現場はやりにくいらしい。 ホントお局様的な人って職種によらずランダムに発生するのねw

まずは1日だけやって様子見がベスト

どうやら私は始めてやった値付けバイトの現場が大当たりだった模様。 単発バイトの利点は単発でオッケーであることなので、始めて行く現場は連続ではなくとりあえず1日だけバイト入れて様子見がストレス回避のコツのようだ。 1日やって楽チンだったら継続的にバイト入れてくのが良いと思われる。 値付け作業自体はどこでも楽な仕事だと思うので結局はバイトを扱う人の性格次第ってとこだね。

コミュニケーションいらない簡単な仕事だし良い現場をいくつか見つけておけばお金が欲しい時の副業として値付けの単発バイトは非常にアリです。 小金が欲しい人は一度試してみることをオススメしますですよ。