私がコミュ障だと気がつくまで

私が社会人になって最初に就いた職業は保険代理店。特になにもやりたい仕事が無かったので父親が経営している代理店で働くことにした。 「保険屋というものは地道にやってればお客さん増えてくもんだからね」と言われたが7年やって新規獲得できたお客さんはほんの少しだった。 お客さんに会いに行くのがめちゃんこ億劫だったからねw 普通の人の4分の1くらいしか新規なかったんじゃなかろうか?そんなんでも7年も続けられたのは父親の会社だったからというのと、書類作成やらスケジュール管理が全て自分の裁量で人との連携がほぼ無かったので気楽な部分もあったから。

しかしそんな家族経営的なやや特殊な職場環境だったためか、保険代理店を辞めてしばらくは自分がガチめなコミュ障であることに気が付かなかった。

後に結婚し、引越し先で仕事を探すも私の経歴で給料が良い就職先が結局は保険関係の仕事しか見つからなかったので派遣社員として某生命保険会社に血迷って入社。 仕事内容は代理店のサポートや営業推進だったが1週間で辞め、時給2300円の職を失うw 一緒に仕事をする仲間は良い人たちだったが何故か接するのに不安感やいくらかの恐怖心があり、お客様である代理店さんはギラギラしまくってて生理的に受け付けなかった。 一気にストレスマッハになり辞めたが同時に自分ちょっとおかしくないか?と思い始める。わかりやすい困難なこととしては仲間に仕事上のお願いが一切できませんでした。

さて仕事を辞めたら探さないといけないので今度は営業じゃない仕事をと思っていたら、都内の火葬場で募集していたので応募。 少し特殊な仕事のためか面接後に1週間ほど実地研修を受けて大丈夫そうなら合格という流れに。 「人を焼く」という仕事自体は全く精神的動揺も無く淡々と作業出来たが、お客様の案内や呼びかけは緊張しっぱなしだった。加えて仲間との連携が非常に多かった。 相変わらず仲間(これまた良い人たち)やお客さんに対して謎の不安感や恐怖心は拭えなかったものの、黙々と仕事をしていた事が真面目であると歪曲された評価に繋がり採用されたw

採用されました、が!採用が決定してから実際に働くまで2週間ほど空きがあり、その間は「職場の人たちとうまくやっていけるだろうか、いやうまくやっていけるはずがない」と日を追う毎に強く思うようになり、結局プレッシャー負けして勤務前日に内定を辞退w ここでようやく「俺確実におかしいぞ」としっかり思うようになりました。

ネットで色々と調べた結果、何やら私は社交不安障害(社会不安障害)とかいうのに限りなく近い状態であることがわかった。 子供の頃の過ごし方や現在の特徴が驚くほど当てはまった。病院に行こうかと思ったが行っても解決しなさそうな気がしたので行くのをやめた。 実際診断されたわけではないので私が社交不安障害なのかはわからないがかなり近いという確信があり、だからと言って仕事が出来なければお話にならない。 この特徴に抗うのは困難を極めそうなので特徴に合う環境を求めることにして、工場で働いてみたら驚くほどすんなりと平穏を取り戻すことが出来た。

こんな人は今すぐ工場で働きましょう

  • 仕事仲間とどうでもいい会話が出来ない
  • お客様の応対にやたら緊張する
  • 仕事でもプライベートでも電話が苦手
  • 仕事上、何かミスをするんじゃないかという不安が付きまとう
  • 上記項目に対して何とか対策せねばと焦っている

つまり私のことだけど、世の中にコミュ障なんていう言葉が出来てしまうくらいだから似たような性質の人がけっこういるんじゃないかと思われる。 人と接することに不安を覚えてしまう性格は社会生活において難儀する。社会生活に向いてない性格とでも言えばいいのだろうか? 人と一緒にする仕事、人に何かする仕事に苦痛を覚えて続けることができなかった私は記事作成日現在、工場で平静に包まれながら仕事を続けている。

工場で働くと決めたらクリーンルーム一択

工場と言うと暑くて寒くて力仕事で時には汚いみたいなイメージがあるかもしれないが、クリーンルームならむしろそれらとは真逆の環境。 空調完備で寒くなく暑くもなくクリーンルームなので清潔(というか清潔でなければならない)、そして作る製品は精密機械部品や食品の容器など基本的に軽い物なので製造にしても検査、梱包にしても身体の負担も小さい。

そして工場の社員は派遣やバイトで職場が成り立っているからか無茶な要求はしてこないし余計な干渉もしてこない。 というか対応が丁寧すぎて驚くほどw職場の同僚というよりは半分お客さんを相手にしているような対応だ。 休憩時間中に話しかけられることもまず無いのでコミュ障でも安心。

労働条件や環境を吟味しよう

工場によって稼働状況は変わってくるがクリーンルーム勤務であればおそらく大半が24時間稼働だと思われる。ということはほぼ交代勤務で回している職場だと思っていい。 となると2交代か3交代勤務になるが探すと案外、2交代勤務でも日勤のみでOKという職場がそれになりに見つかる。夜勤をやらなくて良いというのは非常にありがたい。 ただ2交代ということは残業確定で拘束時間が長いということは理解した上で勤務しなければならない。 とりあえず身体を大事にするならば夜勤は避けて日勤のみの職場を探すことをオススメします。

他にはラインの速さや個人作業の度合いなんかは派遣会社が把握しているので事前に聞いておくと環境をイメージしやすいかもしれない。 あと昼食時以外の休憩時間が勤務時間に含まれるかどうか。出来れば休憩中も勤務時間に含まれていることが望ましい。 週の勤務日数についてはそれぞれのライフワークバランスを考えた上で決めよう。12時間拘束の週5日勤務は人によっちゃ大変だと思われる。

正社員登用制度については2種類あって、派遣先の社員になるか派遣会社の正社員になって派遣先に出向するパターンのどちらか。 派遣先の正社員になるパターンは余計なプレッシャーが増えてしまうので避けたほうが無難。 派遣会社の正社員は派遣先企業の社員から見たら何も変わっていないのと同じなので仕事やプレッシャーが増えることはない。 社員になると昇給やボーナスが出るので長く務めたい人や年収が派遣社員時よりも上がりそうな場合は検討してみよう。 大抵6ヶ月働くと正社員になるかどうか選べるはず。

派遣先によっては寮費が丸々出たり送迎バスがあったりする。 毎朝満員電車に揺られるエリートサラリーマンよりも遥かに優雅な通勤スタイルだったりするねw

参考までに私の職場環境紹介

  • 日勤のみで週5日か週4日選べる(基本連休)
  • 最寄り駅から送迎バス有り(バス移動時間は15分くらい)
  • 昼食時以外の休憩時間は勤務時間に含まれる
  • 孤高すぎるほどの個人作業
  • クリーンルーム内作業で重い物は無い
  • 年末年始、GW、お盆休みの他に年2回会社独自の休日有り
  • 半年働くと派遣会社の正社員になることが可能

現在は週5日で働いているがそのうち週4日勤務に変える予定。 多少給料は減るけど私はあくせく働くよりも悠々自適に過ごしたいのです。 正直かなり良い職場に当たったんじゃないかと思っているw 正社員になるかどうかは検討中。

ちなみに派遣会社についてだけど、日常的に接点はほぼ無く派遣先で環境が決まるので労働条件が良ければどこでも良いかなと思いますです。 と言いつつ私が所属してるエイ◯ェックの人は対応が非常に良かったとだけ言っておきます。

働くことが出来たら出口戦略も

工場派遣は拘束時間こそ長いものの仕事自体は単純で翌日に持ち越すようなこともない。 休日に仕事内容に頭を悩ませるということは無い。

反面、派遣社員は正社員登用制度が無い職場では給料がいつまでも横ばいなので給料の他に自分でお金を作るマインドが必要だと思う。 投資を始めるとかネットでお金を稼ぐ手段を作るとか何とか。 私は給料の一部を投資に回してじぶん昇給みたいな雰囲気の運用を目指している。 やがて給与に対する投資の比率が上がっていけば会社の依存度を低くしていても収入を増やせるのではないかと思っている。 ってこの部分は絶対やらなきゃいけないってこともないけどね。

人が怖くて働けないと悩んでいる人ももし工場を試したことがなかったら一度挑戦してみてはいかがでしょう? 最悪、自殺なんて考えちゃってる人は工場いくつか試してみてからでも遅くないですよ。