詳細な子供の学習費の算出は不可能

計算式が決まっている遺族年金などと違い、学習費の計算は住んでいる地域や家庭の教育方針、子の部活動や趣味によって多種多様です。教育費は「○○歳〜○○歳までは○○万円必要!」というように決まりきったものではありません。ですがある程度参考になりそうな統計資料を文部科学省が出しています。それを元に概算ではありますが学習費の予測を立ててみましょう。統計情報は以下のリンク内、平成26年度の資料を参考にしています。

学校種類別の学習費

統計情報を元に学習費の目安となる表を作成しました。項目の内約については以下のようになっています。金額は幼稚園は3年分、小学校は6年分、中学校は3年分、高等学校は3年分です。

  • 【学校教育費】授業料、入学金などの学校に払うお金、教科書代、ランドセル、制服などの通学必需品
  • 【学校給食費】そのまんま給食費ですw
  • 【補助学習費】家庭内で使う学習用品(参考書やパソコン)、塾や家庭教師にかかるお金
  • 【学校外活動費】部活動、レクリエーションや習い事にかかる月謝や用具にかかるお金
学校種別 学校教育費 学校給食費 補助学習費 学校外活動費 合計
公立幼稚園 357,525 58,146 0 251,121 666,792
私立幼稚園 958,857 110,508 0 424,659 1,494,024
公立小学校 355,368 259,056 516,000 794,000 1,924,424
私立小学校 5,313,843 276,534 1,800,000 1,819,000 9,209,377
公立中学校 386,892 115,266 736,000 206,000 1,444,158
私立中学校 3,067,191 12,462 584,000 353,000 4,016,653
公立高等学校 728,076 0 406,000 98,000 1,232,087
私立高等学校 2,220,432 0 619,000 150,000 2,989,432
大学種別 4年間学費
国立大学 2,694,800
公立大学 2,728,400
私立大学 5,278,800

大学の学費については授業料、学校納付金、就学費、課外活動費、通学費の合計です。

ケーススタディ

おそらく多数派に属するであろう幼稚園から高校まで全て公立だった場合、約523万円程度の学習費が必要なようです。逆に最もお金がかかるオール私立の場合は幼稚園から高校までで約1770万円、大学進学まで考慮したらさらにいくらかのお金が必要になるという統計ですね。もちろん浪人、留年については考慮されていませんw

統計で出せる参考学習費はここまでです。ここから先は個別のケースで大きく上下しますが、表を見る限りでは私立小学校がダントツでお金がかかる感じですね。小学校は6年間と長いこともありますが私立でも中学高校と比べてもかなり高額です。なので例えば「私立に行かせたいけどそんなに金ねえよ」っていうご家庭は小学校だけ公立というケースも視野に入ります。

そしてさらによく見ると、高等学校以外の公立学校は学校教育費に差がほとんどありません。なので実際にお金がかかっているのは補助学習費と学校外活動費ということがわかります。つまり塾や家庭教師、部活動や習い事にお金をかけているようなイメージですね。私が子供の頃は塾や家庭教師を利用している友人はあまりいなかったので何となくこの部分は時代の流れを感じるなぁと一瞬思ったのですが、過去の統計の方が補助学習費が高かったりするのでもしかしたら賃金格差の拡大などが背景にあるのかもしれません。

死亡保険金でいくら学習費を賄うか設定する

死亡保険金で全ての教育費を賄うのも一つの考え方ですが勿論その場合は支払う保険料が高くなります。それなりに余裕のあるご家庭であれば公立高等学校までの費用を貯蓄で賄うのが経済効率性が高いのではないかと思います。貯蓄で賄うのが無理な部分のみ死亡保険に頼るのが良いと思います。まとまった金額の支払いが可能な定期死亡保険はいざという時に役立ちますが、いざという時が来る確率は統計上非常に低いです。現在、十分な貯蓄が無くても少しづつ学習費を積み立てておくことが重要です。

子供の特性を考慮したプランニングを

公立学校の場合、学校以外の部分でお金がかかるようです。それは子供自身の好奇心なのか教育方針の結果が反映された結果なのかはわかりません。ですが例えば何らかの教育方針の元、子供に習い事をさせ、且つその子供がその習い事に対して興味関心が無かったり芽生えなかった場合は時間とお金の浪費に終わる可能性が大きいです。あまり言及するつもりはありませんが子供の興味がある分野に対して注力する方が学習意欲が高まり結果的に安上がりになるのではないかと思います。金額の大小自体は学習効率とは無関係かもしれませんが、少なくとも時間は有意義に使ったほうが良いのではないかと思います。

なんだか最終的にあんまり保険と関係ないっぽい内容になってしまいましたがご覧の通り学習費は金額の幅が大きいです。それだけ多様な教育方針があるということでもあります。ご自身の家庭の場合を想定してこの記事を必要保障額の計算や今後の家計の計画に役立てていただければ幸いです。