若干、死亡終身保険の記事と内容が被ってます。より狭い範囲、葬儀費用についてスポットを当ててます。

葬儀費用の196万円は全ての人に妥当ではない

日本消費者協会の調査によると葬儀費用には大体196万円くらいかかっているそうです。そのうち通夜接待費が約30万円、寺院への費用が約47万円、葬儀一式費用が約121万円となっております。加えて葬儀関係で困ったことへのアンケート調査もあり、心付けやお布施の金額がわからなかった、見積もり以上の請求があった等のお金に関する困ったことがあるようです。

ですが個人的にはこの金額は徐々に下がっていくのではないかと思います。まず現代の日本人で冠婚葬祭を重んじる人は減ってきています。加えて過度な消費を良しとしない傾向にもあるので相場がわからない且つ興味もなく不透明な葬儀業界に200万も払えるわけないじゃんって考える人が増えるのが道理ではないかなと私は考えます。現にぼったくりビジネスが横行しているとまで言われている葬儀業界に一石を投じるような明朗会計なサービスも現れ始めました。イオンの葬儀サービスもそうですし「小さなお葬式」なんかもそれなりに有名なようです。

火葬しかやらない所謂「直葬」なら20万円前後で出来るようです。通夜はやらない、告別式もやらない、やりたくない人は最低限の手続きと費用で済んでしまいます。今後はこのようなサービスを利用するのが一般的になるのかもしれません。

終身保険で葬儀費用を、というセールストークは時代遅れ

中には死んだら派手な葬式をしてほしいという人もいるでしょう。そのような意向の方には例えば死亡保険金200万円の終身保険に入っても良いかもしれませんがそれでも優先度はかなり低いです。もし遺族への保障が不十分であればそちらを優先すべきです。遺族への保障はタイミングや家族構成によっては数千万円必要です。とても一般サラリーマンが現金で用立てられる金額ではありません。そのような無理な金額に対する保障を生命保険で最優先に賄うべきだと私は思います。200万円なら多くの人が自然と貯められる額です。わざわざ保険に入って自由に使えるお金を減らす必要は無いです。

自分の葬式なんてどうでもいいよという方は当然ながら少額の火葬費用のみで事足りるので、そのために終身保険に入る必要は皆無です。20万円とっておけばいいだけの話です。しかも健康保険加入者は埋葬費が5万円ほど健康保険から出ます。20万円貯金していたらお釣りが来てしまうくらいです。

事前に家族に話しておきましょう

家族が葬式ビジネスに巻き込まれないようにするためには事前に自分の扱いについて話しておくことが重要です。例えば「30万円あげるからその範囲内で直葬してほしい。戒名も墓もいらないよ。知らせるのは誰々〜」というような感じ。もしくは「300万円あげるから目一杯使って○○葬儀社でやってくれ!」みたいなのでも良いと思います。とにかく金額と意向を明らかにしていくことが大事ですね。

ちなみに私は出来る限り費用をかけず、数人の友人にのみ伝えて戒名、位牌、墓はいらずに骨は粉にして適当に私有地に撒いて処分してくれと言うつもりです。理想はドローンで空に散骨するのが良いかなーなんて考えもしましたが現実的じゃないしなんだか法律上問題がありそうな気がして先の考えに落ち着きましたw