高額療養費制度とは

簡単に言うと医療費の自己負担が多かった月はお金戻しますよっていう制度。 この制度はその時々で変わったりするけど現行では月毎に判定している。 その月毎の自己負担限度額は収入によって自動的に決まり 以下の計算式で自己負担限度額がわかる。

所得区分 自己負担限度額 多数該当
月額83万以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
月額53~79万 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
月額28万~50万 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
月額26万以下 57,500円 44,400円
住民税非課税の人 35,400円 24,600円

式に当てはめると例えば月収30万の人が 1ヶ月で10万円の医療費がかかった場合は自己負担額は80,763円で済む。 窓口で多く払い過ぎた分は申請すれば戻ってきます。

そしてこれは被扶養者分も合算で申請できるので 同じ月に夫婦で何らかの治療に高額な医療費がかかった場合でも 上記の計算式に当てはめるだけでいい。

ただしこの制度は医療機関別に計算するので 2つの医療機関で治療を受け、それぞれ5万円の治療費がかかった場合は それぞれ限度額を超えないので戻りは無くなる。

ちなみに多数該当という項目は年間で4回目以降の自己負担限度額を指す。 月収30万の人は4回目の高額療養費制度の自己負担限度額は 44,400円となる。優しい世界。

詳細は「全国健康保険協会」のページの載っています。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

でも一旦はそれなりの額払わないといけないのね

「と思うじゃん?」と全国健康保険協会は仰ります。 治療開始前から限度額超えそうだなーって場合は 「限度額適用認定証」というのを前もって役所でもらい、 医療機関で保険証と一緒に提出しておけば そもそも窓口で自己負担限度額以上の請求がされないというスグレモノ。

先の例をもう一度出すと、最初の入院で80,000円かかった場合は普通に支払い。 その後通院で20,000円かかった場合は763円だけ支払えばいいって具合。

限度額適用認定証を使えば最大でも自己負担限度額内の支出で済むので 大変庶民に優しい制度となっております。 とりあえず申請しとけって感じのやつ。

ちなみに70歳以上の人は限度額適用認定証をもらわなくても 自己負担限度額以上の請求は来ないようになっている。

上記を踏まえた上で保険を考える

健康保険適用外の治療をバンバン受けたいとか 部屋は個室が良いとか思ったら手厚い保障の保険に入らざるを得ないが 大抵の人は最大で月10万くらいの 保険金が支払われる医療保険で十分な気がしてこないだろうか?

入院日額1万とか手術で30万とか余分じゃね?って私は思う。 それだったら必要最小限の内容にして保険料を抑えて 他にお金を回すのが有意義かなと個人的に考えている。 健康保険適用外でも先進医療なら特約保険料が非常に安いので ついでに入るとしたらそれくらいで医療保険は十分なんじゃないかな。

時々、パンフレット広げながら差額ベッド代がどーのこーの言う保険屋いるけど差額ベッド代は自分が希望しない限りは発生しない。 仮に緊急入院かなんかした時に個室しか空いてないからって個室で入院生活送っても希望してないし病院側の都合なので差額ベッド代は発生しない。 要は医療保険の入院日額を検討する際には差額ベッド代を気にする必要は無いってことやね。

さらに言ってしまえば70歳になったら医療保険自体いらないと考える。 働かずに年金だけもらっていれば収入も減るし自己負担割合も減る。 これから大きなお金が必要になることも無いだろうから 医療保険の保険料が浮いた分、誰かに小遣いでもやればいい。

ある意味死亡保障よりも見直しが楽な医療保険。 節約したいなーと思っている方は一度考えてみてはいかがでしょう?