もくじ

三重県

日本最高峰の神社に位置する伊勢神宮があったり気がついたらサミットやってたりとのどかな県ながら大きなイベントがちょいちょいある雰囲気の県。時間があったら隅々まで回ってみたい県でございます。

伊勢神宮

なんといっても伊勢神宮。元祖引きこもりの天照大御神がいらっしゃいます。外宮と内宮に分かれていてどちらも非常に広い。やはり神社らしい凛として静かな空気が立ち込めていた。お参りする箇所が多く、説明文もちほらあるのでしっかり回るとそれなりの歩行量となる。でも空気の良さの中を歩くので非常に気持ちが良い。近所にあったらヘビーユーザになっていたことでしょう。内宮手前の宇治橋から見える五十鈴川は透明度が高くついついうっとりしちゃいますよっと。

Japan photo

伊勢うどん

行くまでよく知らなかったけど、伊勢には伊勢うどんというご当地うどんがある。コシの強さと滑らかさがウリのさぬきうどんとは対極に位置すると私は勝手に思っている。太い麺という部分は似ているが伊勢うどんはめっちゃくちゃ茹でる。麺がぶよんぶよんな見た目になるまで茹でるwそしてそれに独特の甘さが際立つ濃い色のタレに絡めて食べる。食べる前はどうなの?って思ってたけどいざ食べてみるとこれが大変な美味しさ。タレは見た目に反して濃い味ではなく麺は見た目通り柔らかいけれど溶けるような感じではなくふんわりもにゅっとしていた。柔らかいのにしっかりしていて小麦の味が口いっぱいに広がる感じ。そこに謎のタレがかなり良いアクセントとなり美味しくて個性的なおうどんに仕上がっていた。伊勢うどん、かなりクセになりますw帰りにスーパーで伊勢うどんのタレ買っちゃったくらいだからね。いやホント美味しかった。コレ流行ったらワンちゃんあるよ(何が)。

Japan photo

Japan photo

赤福

あんこ好きを説得する際の必須アイテムである赤福の本店が内宮近くにある。ここでは河川敷っぽいところでお茶飲みながら赤福を食べる事が出来る。しかも特別高い料金を払うわけでもないのでコストパフォーマンスの高いお茶スポットでもある。言わずもがな、舌触りの良い滑らかなこしあんが美味しい。内宮を歩きまわってから少し疲労感を携えて食べる赤福とお茶は最高の癒やしになるでしょう。私達は内宮行く前に食べたけどねw

Japan photo

鳥羽水族館

ちと料金お高めの水族館。ここはマナティやスナメリ、ジュゴンといったちょいと珍しくもかわいい生き物が多く見れる。ジュゴンはアラサーになっていた模様。ってかジュゴンは人魚姫とか言われてるらしいけど実際見たらかわいいけどずーっと海藻食べてた。海藻好きのお姫様、健康そうで何よりwパンがなければわかめを食べればいいじゃない。

Japan photo

そしてこの水族館には暗黒パワーを極めたダイオウグソクムシくんがいらっしゃるのです。まるで元ジェダイであるかのような鋭い眼光、不動から発する威圧感どれをとっても隙が全く無かった。ニヒルでダンディなダイオウグソクムシくん、彼らはダンゴムシ界のスーパースターなのです。なんなら生きてるかどうかさえわからないくらいの不動っぷりだった。

Japan photo