もくじ

2017年1月の食事動画前半:茨城県にあるフランス

2017年の目標は動画とリアルタイムの時間を合わせるにしよう。(必ず達成するとは言ってない)

立地をものともしない有名カフェレストラン

私達が贔屓にしているカフェレストランが茨城県茨城県結城市にある。その名も「カフェ・ラ・ファミーユ」。カフェなの?レストランなの?って聞かれるとレストランですと答えるような感じで料理に大変力が入っております。ランチタイムは大体予約客でいっぱい。茨城県結城市という主だった都市から微妙に離れた場所且つ、まわりの道がクッソ細くてドライビングテクニックが試されてしまうような感じの立地ながら常に千客万来なのはやはり料理が美味しいからではなかろうか。

特筆すべきは自家栽培しているらしい野菜の尋常ならざる旨さ。甘みのある野菜(蕪とかトマトとか)は際立って甘く、野趣溢れる野菜(ブロッコリーとか)はとってもワイルドな味わい。非常に個性が強調されていて美味しいので、最初に提供されるサラダから度肝を抜かれることでしょう。メイン料理はガレットやパスタ、肉料理、魚料理などがあり何を食べても美味しい。パスタは量が少ないので私は許される限りの大盛りでおねがいしますと注文している。大盛りは無料だけどそれでも別に多いわけではないw しかしパンも食べ放題なのでちまちま食べていると結構お腹いっぱいになる。そしてそのパンが全て焼きたてでかなり美味しい。下手なパン屋より確実に美味しい。ちなみにランチには限定10食くらいのキッシュプレートがあるが、それよりは他の料理を注文した方が満足感が高いと思う。

店構えもヨーロッパの片田舎のような佇まいで全体的にフォトジェニック。よくわからないがこういう感じを「インスタ映え」っていうのかもしれない。そんなもんだから客層は女性中心で男性客オンリーというのは見たことがない。誰か男4人とかで参入してみてほしいw

どうでもいいけど私達はここを「1位のカフェ」と言っている。何となく個人的なカフェランキング1位なのです。レストランだけどね。

セットで覚えるべきセイコーマート

茨城県ということで帰りがけに必ず寄るのがセイコーマート。北海道ではよくみるコンビニもとい小型スーパー。製品の原料の多くが北海道産でなんか美味しい。私は100円の麺類シリーズがとっても好き。パスタとか焼きそば、焼きうどんが大体100円ちょいくらい。その分、量はそれなりだけど複数楽しめるから嬉しい。あとメロン味のアイス。これでもかっていうほどメロンの香りが強くて他には無い感じに仕上がっている。こういうヘタすると嫌われるんじゃないかっていうピーキーなスタイルに惹かれてしまうね。ところで何でセイコマって茨城県と埼玉県にあるんだろうね?

2017年1月の食事動画後半:老舗の喫茶店

東京は下町風情のあるところが好き。それ以外は割と嫌い。

千代田区の老舗喫茶店エース

このお店は何が良いって店員さんが良い。いかにも喫茶店な感じのベスト着てシャンと背筋の伸びたおじさんが経営してるんだけど、そのしなやかさが何とも商売人って感じで良いんだよなぁ。繁盛してるんだけどそういう店側のアドバンテージを出さずに柔らかい物腰で接客するんですよ。それでいて珈琲のおかわりとかは新しいカップで持ってくるんじゃなくてサイフォンから直接、既存のカップに注ぐっていう良い意味で適当な感じがまた良いんだよね。いやむしろ余計な手間を省いた極めて効率的な接客とでも言うべきだろうか。

そんでこの店の目玉商品はのりトースト。よくのりをトーストに挟もうって思いついたなってのをまず感心したけど実際のりトースト美味しい。磯の風味とトーストって合うのね。一見すると変化球な商品かと思いきや日本人好みの王道を征くと言ってもいいくらいのお味でございました。このお店好き。昔からのお店だから喫煙可なのがネックだけど、たばこ客の割合が少なければ長時間居座ってやりたいお店でございました。

2017年2月の食事動画前半:沖縄再び

2月の動画はちょっとテンポが早い。

圧倒的犬派なんです

時はバックパッカー時代に遡るんでございますが、各国のホステルで時々マスコット犬的なのが飼われていて、全ての犬が非常に愛らしかった。ホステルでのんびり過ごしている時にその犬らとわちゃわちゃ過ごしていたらすっかり犬好きになってましたw 猫ちゃんもかわいいんだけど私はやっぱり犬に寄ってっちゃうなぁー。かわいがったら反応もあるしね。ただ全ての犬がオッケーかと言われるとそんなことはなくて吠えまくる犬ね、テメーはダメだ。

寒いので沖縄行ってきました

2016年11月に沖縄に行ったばかりなのに沖縄の食堂に行きたくて再び来沖。前回行かなかった食堂なんかにも行ってきました。そんで沖縄の食堂には終日食べられるランチってのがあって、グレードに寄ってA、B、Cランチと種類があったりする。Aが一番良いやつね。で、そのAランチは頑張りたい日とか良いことがあった日に食べるような感じらしいので食べてみたら肉だらけのボリューミーランチでございましたよふふふ。豚カツ、スパム、ハンバーグ、ウィンナー等などどんだけ肉の種類あんねんって感じいかにも沖縄らしいおかず達。一つ一つはチープなお味だけどそれがまた良かったりするのよね。沖縄に行った際には是非一度お試しあれ。

2017年2月の食事動画後半:下町散策的な

寒いのって割と好きだったりする。暑いのは苦手。

喫茶店とか洋食屋さんとか

時代の最先端を征く東京の方が古い店が残っているという不思議。って単純に人口が多いから家賃問題やら解決できてたら続けやすだけなのかもしれんね。そんな何か続いちゃった感じのお店が地方民である私達夫婦は落ち着くわけです。渋谷新宿には出来るだけ足を踏み入れたくないw

若かりし頃は喫茶店ではなくカフェと呼ばれるようなところに行ってたんだけどいつの間にか喫茶店メインになった。理由はよくわからない。若い頃はね、白が基調なカフェやらウッディなカフェに行ってた気がするんだけどなぁー。歳とると存在感が古いものに惹かれるのかもしれんね。喫茶店とか長くやってる洋食屋の何が良いかって良い意味で店から「きちんと見せよう」って空気が出ないところが良いんですわ。でもきちんとしてるっていうね。動画内で食べたモンブランのハンバーグは非常に肉々しい味で食べ応え十分でございました。セットのカレーも肉がゴロゴロ入っていて男らしい美味しさでした。近所にあったら2ヶ月に1回くらい行きたいって感じねw

2017年3月の食事動画前半:シュウマイじゃなくてシウマイなのね

寒いようで寒くない、少し寒いそれが3月。ニコ動でいつも広告してくださっているケインさん、いつもありがとうございます。どこかでお会いすることがあればラーメンごちそうしますw

おっきりこみはもう少し知名度高くてもいい

似たような料理で山梨県のほうとうは有名だけど群馬の郷土料理であるおっきりこみはイマイチ知名度が低い気がする。私が群馬で食べたことがあるのは醤油味のおっきりこみだったけど味噌味とかもあるのかな?おっきりこみの麺はきしめんを分厚くしたような感じで具材と一緒に煮込むので粉が溶けて汁にとろみがつく。そのおかげでずっと温かいし野菜と肉の味が染みこんでとっても美味しい。スーパーでも時々売ってるのでほうとう同様に案外手軽に楽しめたりもする。「おっきりこみ」って口にしたくなる名前も良いw

崎陽軒のシウマイ弁当

駅弁ランキング上位のシウマイ弁当をこれまで食べたことがなかったので食べてみた。これね、シウマイがうまいのは言わずもがなだけど他のおかずが総じて美味しい。冷たい状態でも美味しいように作ってるんだろうけど、出汁の染み具合とか甘さ加減とかが個人的にツボだった。上野駅出てすぐの公園で食べたのも大きいかもしれんけどね。外で食べるご飯は美味しいから。でもこれを新幹線とかで食べる瞬間があったら嬉しいだろうなー。でも新幹線で旅行する時はきっと自分たちで弁当作るんだろうなーw

2017年3月の食事動画後半:手巻き寿司パリピ

食べ物の写真は真上から撮影するのがインスタグラムの常識らしい。真上って影とか入れないのむずくね?

おとなもこどももトマト&オニオン

トマト&オニオンというファミレス。初めて訪れたのは新潟県だった。非常に味のある顔のトマトが出迎えてくれて店内はレトロ感のある装飾がちらほら。どこか懐かしい雰囲気を醸している。その時点でけっこう好きになったんだけどランチがまたよろしい。内容は普通のファミレスなんだけどスープバーのコーンスープが他のファミレスより濃厚だったりそもそも安かったりご飯おかわり自由だったりテーブル広かったりでなんかイイ。そんで極めつけは牛すじ黒カレーとかいうのが好きなだけ食べられる。インドカレーが至高な世間の風潮と逆行するような欧風カレーでスパイシーじゃないけどこってり美味しい。むしろこの黒カレーを食べるためについでにハンバーグを食べる感じ。どの地域がメインなのかわからないファミレスだけどどこかでアンニュイな顔したトマトを見かけたら足を運んでみたら楽しいと思いますです。 ちなみに新潟の店舗では米が魚沼産コシヒカリですってドヤ感のある説明書きがあった。プラシーボ効果かもしれないけど米が美味しく感じたw

たのしい手巻き寿司

我が家は基本玄米100%だけど何かの際に買った白米が残っていたのでそれ炊いて酢飯作って刺身だけ買って細く切って手巻き寿司パーティを敢行した。うんどね、手巻き寿司パーティ楽しいwそんで酢飯うまいし思ったより楽。 酢飯に少し玄米入れたんだけど重くなくなって良いね。手巻き寿司のお供は菜の花と豚汁。けっこう贅沢な雰囲気になった。ってか自宅で寿司的なもの作るととっても経済的なのね。これ外で寿司食う機会減るな多分w原価厨は辛いぜ。おっと別に節約してる気はこれっぽっちも無いんだぜ。浪費を減らしたいだけなんだぜ。

2017年4月の食事動画前半:桜のピーク短し

やたらフライング気味に咲き誇る桜の木たまにあるじゃん?あーいう我先んじる感じ好き。

ごぼう茶の出がらし

我が家では定期的にごぼうを薄切りにしたのを干してごぼう茶を作る。ごぼう茶おいしい。んでごぼう茶を飲むともれなくごぼう茶の出がらしが発生する。ごぼう茶の出がらしってようするにごぼうなわけですよ。ほとんど味は抜けてるんだけどね。その出がらしは捨てるのもったいないから炒め物とか汁物に入れるんだけど、微かにごぼうの風味が出てひと味違う感じに仕上がるわけですよ。ひとつの食材で二度美味しくて気に入ってるんですよねー。単に出がらし集めてきんぴらにしてももしかしたら美味しいかもね。

外が気持ち良い季節

4月にもなるとさすがに暖かくなってピクニック日和じゃね?って気候が増える。そんな陽気に釣られて弁当作って外で食べるとなんかイイ。夫婦でね、何となく外で飯食ってるだけなんだけどなんかイイ。こういうのが多いと人生潤ってんなって感じる。

2017年4月の食事動画後半:山とか弾丸伊勢旅行とか

ピクニックの延長線上に山はある。

初登山にはちょうどいい高尾山

春ということで東京都民が自然を求める場所である高尾山に行ってみた。つって私達は都民じゃないんですけどね。今まで山登ったことなかったから大変だろうなーって思ってた割に極めて普通の格好で登ったあたり舐めてる意識も多少あったけど目標の展望台までそこまで大変ではなかった。けっこう汗はかいたけどね。山登りは気持ちよかった。展望台で食べたご飯(焼きそば弁当)もとっても美味しく感じた。何となくだけど山に登りたくなる人の気持がわかったような気がしないでもない。ただ山好きからすれば物足りない山でもあるんでしょうね。私が私服で登れたくらいだからね。 登りは山道コースみたいなので下りはメインっぽいコース下っていったんだけどメインのコースは道がかなり舗装されてて全然山っぽくなかった。この道を登ったらきっとつまんなかったことでしょう。せっかく山なんだから土とか石を踏みしめたいよね。

帰りに買って食べた天狗の饅頭が焼きたてで非常に美味しかった。餡が黒豆の餡でそんなに潰してなくて食感が良いし上品な甘さ。見た目も良いし高尾山に来たら是非とも食べていただきたい一品ですな。

ガッと行って帰ってきた伊勢旅行

勢い余って夜行バスで伊勢へ。寝てるような起きてるようなよくわからん感じのまま到着し、その足で伊勢神宮外宮へ。いやー伊勢神宮は素晴らしい景観でございましたな!寺社仏閣特有の静けさと壮大さ、素晴らしかったー。近所にあったら散歩ヘビロテ確実です。お参りポイントもたくさんあるし歩いて楽しい場所でした。そんで外宮素晴らしいと思ったら内宮がこれまた素晴らしい。清らかで豊かな川が流れててね、神秘性マシマシでございました。伊勢の人はそりゃ伊勢神宮を誇りにしますよ。ホント文句なしに良いとこ。夜行バスで来てなかったらきっともっとねっとりと時間をかけて参拝してたね。

伊勢といったら伊勢うどんということで伊勢うどんと初対面。伊勢うどんね、すっごい好き。くたくたの極太麺に甘みがあって色の濃いタレを絡めて食べるんだけど、麺がくたくたの割にはトゥルトゥルと滑るように口に入ってきてタレの味も独特でとても癖になる!どうやら伊勢うどんって長時間茹でるみたいなんだけど、長時間茹でるってことはかなり強靭なうどんじゃないと溶けちゃうと思うのよ。それを耐えてきたうどんだからね、そりゃ美味しいに決まってるんです。コシがあって喉越しも気持ち良い讃岐うどんも良いけど全く逆ベクトルの伊勢うどんもね、かなりオヌヌメです。マイナー好きにはたまらんね。

ついでに勢い余って鳥羽水族館まで足を伸ばしてみた。鳥羽水族館にはジュゴンがいるんだけど、なんとダイオウグソクムシくんもいらっしゃるんですよ。もうね、顔が渋い。あんな渋い海洋生物は他にいないんじゃないかしら。フォルムもなんかすごいし全然動かないしでかなりの謎生物。ダースベイダーに似てる。近くにデス・スターあるんじゃねーかって感じでしたよええ。人生で一度はダイオウグソクムシを見るってのもなかなか乙なもんです。全然動かないけどね。