もくじ

2017年6月の食事動画前半:国産初対面

絵心が無いってよく言われない?

あ、某大陸産じゃないニンニクの芽が!!

スーパーでよくニンニクの芽が束で100円、安い時で50円くらいで売られていますがいちいち産地を確認するまでもなく中国産でございます。我が家は親の代から中国産は戒律で禁止されているので買うことはありません。ニンニクの芽と牛肉がタレで漬け込まれてるやつもNG。つって数年に一回くらい食べてる気がしないでもないけどw そんな折、某ディスカウントストアで千葉県産のニンニクの芽が売られていた。妻はそれを発見次第脊髄反射的にカゴに入れて会計を済ませた。まるでニンニクの芽の化身のようだった。ん?ニンニクの芽の化身ってつまりニンニクの芽ってこと?

でまぁ炒めて食べるわけですよね。なんだかとっても貴重なものな気がしたのでワタクシ緊張しながらも火加減に気をつけて調理いたしました。あまり火が入り過ぎるとクタッとなって食感が損なわれるのを恐れたわけです。何とか自分でも合格点を出せるんじゃないかと思われる炒め物が出来上がりました。そして食べました。なんだか中国産のよりも食感が良い感じで鮮度の良さも感じました。これは美味しい。シャッキリ具合が数倍高いのではないでしょうか。これはまた見かけたら買いたいねーなんて話してましたがどうやら最初で最後の出会いだったようで、コレ以来まだ一度も国産のニンニクの芽にお目にかかっておりません。一期一会とはこのようなことを指すのでしょうか?

ってか実際ニンニクの芽って流通の過程でどうしてんのかしらね?捨てちゃうのか生産者が食べれる分だけ食べるのか。美味しいからもっと国産の食べたいなぁー。地域によっては普通に売ってたりするのかしらね。ちなみにこの動画、写真ばっかで画が動かないせいかファイルサイズが300MB以下の回線に優しい動画となっておりますw

2017年6月の食事動画後半:鶏肩肉良いよ鶏肩肉

鶏の肩ってそれもう手羽ちゃうんか。

鶏肩肉製品がグイグイきてる

スーパーでよく売られている鶏肩肉。普通の精肉ではまず見かけず大体は味付けされてパン粉がまぶしてあったりする。なので買ったらそのまま焼くだけでちょっと洒落た料理っぽくなる。6月後半はよく鶏肩肉を買っていた模様。で、この肩肉ね、なかなかのハイブリッドなお肉ですな。ホントにちょうーどピッタリ胸肉とモモ肉の間の立ち位置。モモ肉よりもあっさりしてて胸肉よりもジューシー。それなりに脂があってサクッとした食感が楽しめるお肉なわけです。しかもまぁまぁ安い上に割引されやすいw

カレーパン粉焼きみたいな感じで夕方になると半額とかで売られててちょっと良い感じの見た目で食欲をそそる香りのおかずが手間いらずで出来上がるので料理が面倒な時とかに冷蔵庫にあると重宝しますですよ。ホントにそこそこジューシーで美味しいので食べたこと無い人は一度は体験してみるのをオススメ致します。ただ別に貴重な体験にはならないことは確実。こいつと玄米が旨いんだなこれが。