もくじ

ネタバレするぞネタバレするぞネタバレするぞ!

東大卒プロゲーマー

プロの格闘ゲーマーである「ときど」という人物が書いた自著。私はゲームが好きで格闘ゲームも大好きなので近所のブックオフで中古で買って読んだ次第でございます。東大卒なのに学歴ぜんぜん関係ない世界に飛び込むってのはなかなか見上げた根性じゃねーかと思ったと同時にこのようなタイトルで出版するにあたり東大出てて良かったねともオモタ。

ざっくり内容はプロゲーマーに至った過程を綴ったもの。東大卒で順風満帆っぽいけど大きな挫折を味わって今のプロゲーマーという立場の自分がいますっていうのがウリの本なんじゃないかと読んでいて随所に感じられた。東大卒が大きな挫折とは何ぞやと期待を寄せて読み進めていくと、個人的にはときどが味わった挫折はそんなに特殊な挫折でもなかったなという感じw いや当然ね、挫折したなって自分で認識することって非常に精神的負荷が大きいことは承知なんだけども、何をやってもうまくいかない時期って必ずあるからそれを「自分だけが味わった特別な挫折」風に書いてしまうのは少々大袈裟かなと。当時の本人はそりゃ辛いことだけどね。どんな挫折か知りたい方は本読んでください。

で、ときどは就活の時期にウメハラと会って色々と話をして公務員の最終面接を蹴ってプロゲーマーになろうと決心したんだけど、ときどが安心して?大好きなゲームで食っていこうと決意できたのはやはり前例であるウメハラの存在があったからなんだなーと。本では「もし俺が東大出てたら多分プロゲーマーにはなってないけど人生一回きりだし好きなことしてたいよね」的なことをウメハラが言ったからときどはプロゲーマーになろうと決意した。でももしその時のウメハラが仮に大会常勝者でもプロではなかったらときどもプロゲーマーという選択肢はそもそも無かったんじゃないかなって感じがして要するに先駆者のウメハラやっぱすげー!って話ですハイ。ええそうです、私ウメハラの大ファンなんです。

そんなわけでプロゲーマーになるような人の尖った人生経験やある種の冒険譚なんかを求める人にはやや肩透かしな内容かもしれないが最後に締めくくる「結局、情熱に理論は敵わない」という信念にも似た考えにはときどの歩みからそう思い至るのも納得だしその通りだとも私は思う。好きこそものの上手なれでも何でもいいけどそんな生き方を私もしたい。

それと「自分の最大の武器だと思っているものに疑問を持つことも時に大事だ」みたいなことを作中にときどは言っている。ときどは勝つことを至上の目標としており、基本強キャラで大技を決めようとせずミスらない且つダメージを容易に奪えるコンボで勝ち星をあげていくというスタイルだったらしいが、そのプレイスタイルをオーディエンスは「つまらない」と評し、しかも段々と大事な勝利数も減っていったらしい。そこで様々な戦い方を模索する必要に迫られたそうな。

確かに自分の武器はこれだろうと高をくくるのは強みであるけれど視野狭窄に陥りやすい。日々の生き方や仕事の選び方なんかも出来るだけ色々な要素を検討することでその人にとってバランスの良い人生になるんじゃないかと私は思っている。そのような考え方を本書では端的に表現してくれていた。強みを見つけること、その上でその強みに疑問を持つことができればより高みへと歩んでいけるのかしらね。

しかしこの本の最も良い点はウメハラの本を読んでみたくなることw 初のプロゲーマーになるってのはやっぱり凄い。未開のジャングルをバッサバッサ開拓していくようなものだ。自分とゲームを信じきれなければ到底できるものではない。

西の魔女が死んだ

梨木香歩の名著。映画にもなってるから知ってる人も多いのではなかろうか。周りと馴染むことが苦痛で学校に行きたくなくなった主人公の女の子が母親の母親、つまりおばあちゃんの家にしばらくお世話になるというお話。おばあちゃんはイギリス人で町から離れた自然豊かな場所に一人で住んでおり様々な生活の知恵を持っている。主人公はそんなおばあちゃんと魔女修行に励みます、っていうとファンタジー感満載になっちゃうけど魔女修行は薬を作ったり魔術書を解読したりとかではなく自分で何でも決めるということのみ。非常に厳しい修行ですね。

主人公が年頃の女の子なので、その当時特有の直接的ながらも繊細で感受性の強い内面の描写がリアルに描かれている。自分も中学生くらいの頃は折り合いをつけることや矛盾してるようなことに対してやたら憤りを感じてたなぁなんてことをついしみじみと思い出してしまう。って大人になった今の方がもっと折り合いをつけられない性格になっちゃってるんだけどそこはご愛嬌。そんな多感な時期の子供が魔女修行を通して「自分で決める」ということを学んでいく。そして日々の行動も心の在り方も自分で決められることを徐々に実感していく。

不思議なことにこの本を読んでいると気がつくと頭の中が自分との対話になっている。確実に物語を読み進めているはずなのに私が私に問いかけ、投げかけてくる。読者もいつの間にか魔女修行をしているのだ。自分で決めた人生を送っているのかと。

タイトルで既に死んだと言っているのでおばあちゃんは死ぬわけだけど、死んでからの描写が見事なまでに爽やか。こんだけ死に対して爽やかさを醸せるんだからおばあちゃんやっぱ魔女だわと思わざるを得ない。本当の魔女は死に方さえ自分で決めることが出来るんだね。

麒麟の翼

職場の人が貸してくれた東野圭吾の小説。貸してくれたのはいいけどまさかハードカバーのものを寄越してくるとは。読みにくいわw

どうやら麒麟の翼は加賀シリーズってやつらしく加賀さんっていう刑事さんが主役の小説がいくつかあるらしい。とある会社の偉い人が日本橋で遺体で発見されたんだけど致命傷を負ったのは遺体発見現場から離れた場所で、何でナイフ刺さったまま頑張って日本橋で死んだんだ?っていうミステリー。微妙にネタバレしちゃうと日本橋で死んだのは息子にメッセージを残すためなんだけどその息子は部活の後輩を友達と数人でプールに沈めて植物人間にしちゃうクズで、というかそれがバレるのを恐れて父ちゃん殺したのは友達なもんでクズに拍車がかかっててついでに言うと死んだ父ちゃんの会社は製造関係なんだけど労災事故の隠蔽が得意なクズ会社で全体的にクズが多いお話だったw

もっと言うと本の帯に「加賀さん、あった何もわかっちゃいない」って意味ありげに書いてあって、それだけ見ると冷静沈着頭脳明晰な加賀さんが犯人に欺かれちゃうのかな?って思って読み進めてたんだけど実際わかってなかったのは本筋とは関係ない加賀さんのプライベートな話についてだったので帯のコピー考えた人もクズ。

一応まともなこと書いておくと、被害者の生き様を重点的に追ったミステリー的なやつでしたハイ。あと父ちゃんが刺されて死んだすぐ後に労災隠し得意な会社で派遣社員やってた人が交通事故で死んで捜査がややこしいことになるんだけど完全に無駄死にでした。でも彼はクズじゃなかった。

珈琲店タレーランの事件簿

いつのまにか妻が買っていたらしい小説。しかも読んでないとのことwかもめ食堂みたいな感じの小説かなーと思ったらミステリーでした。

一応最後まで読んだけど主人公に魅力が無さ過ぎてちょっと読むのが苦痛である場面が多かった。そんな風に感じるもんだからその主人公に心寄せちゃう喫茶店の女性店員(この人が謎解き係)の気持ちも全く理解できなかった。職場の休憩時間を埋めるという目的が無かったら途中で読むのやめてたと思われる。

主人公の魅力皆無な描写と随所に盛り込まれる笑いポイントの寒さと推理が終わった後の「大変良く挽けました」とかいうこれまた寒い決め台詞が定期的にやってくるので精神修行したい人にオススメ。しかしどうやらシリーズ化してるようでコミック化もしてる模様。つまり人気があるということで私の感性がおかしい可能性が高い。それを確かめるために妻に読んでみてほしいんだけど読む気配が一切無い。

赤い指

職場の人が貸してくれた東野シリーズその2。今度は文庫本。またも加賀シリーズ。

幼女趣味の引きこもり兄ちゃんがとある幼女をうまいこと自宅に招き入れられたものの言うこと聞かないからつい殺しちゃったお話。引きこもりの母親は息子に犯罪者のレッテルを世間から貼られたくない一心で夫にうまいこと死体を処理してもらうよう頼む。夫はどうにか死体を処理して且つ殺したのは同居してる認知症の母親のせいにしようと工作する。犯人側が憔悴していく様や葛藤の場面にスポットが当てられている。と言っても実際に殺人を犯した息子は全く悪びれる様子もなく部屋でゲームばっかやってるんだけどね。これはゲームへの熱い風評被害に繋がりますよきっと。

この一家のクズっぷりがね、すごいですよ。引きこもり兄ちゃんは幼女が駄々こねたってだけ殺すクズだしそんな息子を過保護なまでに庇う母親も毒親っぷりもヤバい通り越して(少なくとも私から)相当な量のヘイト集めちゃってるし。親に罪をなすりつけようとする夫もクズの極み。クズベスト3をイチ家族が独占ですよ。

ただそんなクズに囲まれてる痴呆症の母親がね、実は冷えきった家族っぷりに嫌気がさしてずっとボケたフリしてたっていうね。そんで加賀さんに大胆にさり気なくヒントを与えるんですよ。お母さまどんだけタフなメンタルしてるんだっていうね。メンタリティ高すぎて状態異常系の魔法はきっと効かないでしょうね。ってか孫が殺したってわかってるんだからボケたフリしてないですぐ通報しなさいってね。まぁそんなことしたら小説にならんけどね。もうなんていうか終始「うわぁ」って感じのお話ですた。クズ好きにはたまらない一冊でしょう!

アルケミスト 夢を旅した少年

羊飼いの少年サンチャゴが宝物の場所を示す夢を何度も見て、それが本当か確かめたくそれまで大事にしてきた羊を売り払って宝物探しの旅に出るお話。世界観的にはいくつかの宗教がベースとなっている節がある。

旅先で出会う人々からサンチャゴは様々なことを学び、多くの物事は実はとてもシンプルであること、自分の内面や世界の声に耳を傾け正直な気持ちで向きあえば運命を切り開くことが出来るということを知る。最終的にはそのような理念のもとに行動し宝物を得て最愛の人を見つけることが出来た。なんというか先ほど紹介した「西の魔女が死んだ」の魔女修行を深く掘り下げまくった感じのお話となっております。

この本を読むと、自分が本当にやりたいことをどれだけできているのかとついつい自問してしまう。やりたいことというか理想の生き方に近づく行動を取っているかという感じ。やりたいことを何かしら理由をつけて後回しにしていないか、本来やりたくないことに対して正当性を付けてわざわざやっていないか、やりたいことを複雑に考えてしまいすぎて準備ばっかりしていないか。

自分が自分の思うように生きられていないとすれば理由は世間一般の価値観という実態のない型に無理やり嵌っているってパターンが一番多いんじゃないかなーなんて想像する。確かに全ての理想を手に入れるのは激烈高難易度ゲーかもしれないが理想を一つ一つ形にしていこうと思えば存外シンプルな工程だったりするかもしれない。サンチャゴの父親はサンチャゴには神父になってほしかったがサンチャゴは広い世界を歩く羊飼いという職業を選んだ。そのような簡単な自発的行動さえ満足に取れてないことも中にはきっとある。そういうのを極力排して自分らしい運命を切り拓いていきたいもの。この本を読むとそんな風に奮起することが出来る。若干、翻訳ならではの読みにくさはあるかもしれないけど名著中の名著ですよコレは。

卒業

職場の人シリーズその3。東野シリーズの加賀シリーズ最初の作品とのことで加賀さんは大学生でした。

大学の仲良しグループ内で殺人が起きちゃって加賀さんが事件解決のために頑張るというお話。仲の良い友人が死ぬんだけどその割にみなさん冷静というか心から悲しんでるっぽい人が非常に少ないw 大学生の時点でこんだけタフなメンタルしてたらきっと皆さん容易に強靭な企業戦士へとクラスチェンジ出来ることでしょう。

登場人物はと言うと剣道の試合に勝ちたい一心で対戦相手に薬を飲ませようとする稲中レベルのクズやそれを手伝うクズ友人、しょぼい動機で殺害に至ったクズ友人など、そこそこクズが多くて「これこそ加賀シリーズの醍醐味よ」と思わず唸ってしまいましたハイ。殺害トリックについては図説してあったけどよくわからないというか私があまり理解する気がなかったのでクオリティがどうとかはわからない。ってか今までミステリー読んでて推理したこと一回も無いなw

古い作品のためか、東野圭吾にしてはちょっとお洒落くさった文体。登場する店の名前とかも少し洒落っ気づいてる。今の文体の方が好き。

うどんのうーやん

うどんが主役の絵本。絵本のことを説明するのはなんかアホらしいけど間違いなく世界一イケメンなうどんに会える絵本である。 うーやんの懐の広さ、勇敢さがすごい。あとモブキャラの犬のリアクションがなんか面白い。

悪意

職場のシリーズその4。おなじみ加賀シリーズ。職場の人のロッカーはどうなってるんだろうか?

犯人の手記や加賀さんの独白という形で話が進む小説。それ故に地の文が無い。加賀さんの独白部分は当然ながら加賀さんがひたすらしゃべっているので、これまでの加賀象とは大きくかけ離れる。一人芝居やってんのかって突っ込みたくなるくらいwあと加賀さんがいろんな人に聞きこみする場面は微妙に一般人目撃回のバキっぽいなと思った。

犯人の手記部分を何も考えずに読んでて感じた違和感がこの小説の重要な要素だったので、それを加賀さんが後からその違和感を解消してくれて非常に気持ちが良かった。そんなこともあってか今まで読んだ加賀シリーズでは一番面白いと感じた。ちなみに犯人と犯人の学生時代の取り巻きはクズ。

ブランコのむこうで

星新一のショートショートじゃない作品。少年が色々な人の夢の世界を旅する物語。話はひとりひとり区切られているので短編と言えなくもない。

少年は夢の世界からその夢の持ち主の現実世界を垣間見れる。病床の少年や自分の父親、息子を亡くした母親などなど。夢の世界は現実世界の状況を反映しており、例えば息子を亡くした母親の夢の世界では母親は延々と息子を探しまわっていたりする。少年は夢を旅して、夢によって支えられている人がいることを知る。

作中では唯一、現実世界では誰なのかがわからない夢の世界がある。ひとつの道があり多くの人が行き交っている。その道の脇でおじいさんが石を彫っている。それは道の窪みを埋めるための石らしい。その石を彫り終わって道に埋めたらおじいさんも人の流れに加わって道を歩いて行く予定とのこと。そのおじいさんの現実世界の状況がわからないまま小説は話が進んでしまう。

そのおじいさんの正体おそらく、私であり道を歩いていた多くの人々であり、もしかしたら星新一でもあるのではないかと思う。おじいさんは誰なのか、この本を読む機会があったら検討を付けてみて欲しい。多分ブックオフで100円で売ってるから。平易な文章から想像力を掻き立てられる良書ですよコレは。