自動車保険は大きく3つの補償内容に分かれていて、ひとつは相手や相手の物を補償する賠償責任部分。二つ目は自分や同乗者のケガを補償する傷害保険部分。最後に自分の車そのものを補償する車両保険部分です。

車の自然災害は車両保険加入が補償の条件

自分の車が損害を受けた場合に補償される車両保険は2種類に分かれていて、自損事故を補償するかしないかを選ぶことが出来て保険料もそれなりに変わっていきます。では自損事故を含む車両保険でないと自然災害は補償してくれないのかなと思うかもしれませんが、自損事故を補償しないタイプの車両保険でも自然災害による被害を補償してくれます。ちなみに自損事故を補償するタイプの車両保険を「一般型」と呼び、自損事故を除くタイプを「車対車」や「エコノミー型」などと呼びます。

一般型の車両保険の補償内容

  • 電柱、ガードレール衝突や崖、田んぼに突っ込む等の自損事故
  • 当て逃げ等の相手が特定出来ない場合の車両同士の事故
  • 相手が特定できる場合の車両同士の事故
  • 盗難
  • 火災、爆発、飛来物、落下物の衝突やいたずら、落書き等の損害
  • 台風、雹、雪崩などの雪災、竜巻、洪水、高潮

車対車(エコノミー型)の車両保険の補償内容

  • 相手が特定できる場合の車両同士の事故
  • 盗難
  • 火災、爆発、飛来物、落下物の衝突やいたずら、落書き等の損害
  • 台風、雹、雪崩などの雪災、竜巻、洪水、高潮

つまり一般型と車対車(エコノミー型)の違いは自損と当て逃げのみです。なので車両同士の事故を起こしたらすぐに警察を呼んで当事者を明確にしておきましょう。

自然災害時の保険金額算定方法は事故時と変わらず保険契約上の車両金額上限内の修理費用か全損なら車両時価相当額です。事故時と違うのは免責金額が設定されていない点です。仮に事故時の車両保険の免責金額を10万円に設定していても自然災害時は免責0円で支払われます。これは盗難や火災でも同様です。免責金額はあくまで事故時のみに適用されます。

等級については記事投稿日現在では自然災害時は1等級下がります。昔は等級下がりませんでしたwこの辺は段々と世知辛くなっていくかもしれません。

車両保険でも補償されない自然災害

地震、噴火、津波は車両保険でもカバーすることができない自然災害です。約款にもしっかり書いてあるので諦めましょう。地震が原因の土砂崩れで車が埋まっても津波にさらわれても補償されません。

あと保険代理店時代に遭遇した実体験ですが、地震が原因で家の屋根瓦が落ちて車のボンネットが凹んだという事案がありましたがこれは地震が起因しているので補償対象外となりました。落下物の衝突ではありますが原因が地震だと何でもかんでもダメだと思っておいていいでしょう。

火災保険は火災、風災以外はオプション

火災保険の基本補償範囲は火災と風災のみです。風災には雹、雪災も含まれています。水災はオプションなので大雨や台風の浸水被害や雨による土砂崩れの被害も水災を補償するプランに入っていないダメです。台風による被害を恐れるのならば必ず水災も補償するプランに加入しておきましょう。

ちなみに火災保険は建物と家財どちらも補償内容に入れることが出来ますが建物のみ補償のプランだと当然ながら家財分は補償されません。

火災保険はいくら使っても保険料は上がりません

火災保険は家の構造と地域でほぼ保険料が決まっていて自動車保険のように等級がありません。なので契約期間中に何回保険を使おうが契約更新後に個別に保険料が上がるということはありません。ただ自然災害が発生した地域に関しては保険の基本料率が上がることはあるかもしれません。けれどその場合は保険を使わなくても上がるということなので火災保険はバンバン使いましょう。もし自然災害で火災保険を使うと保険料が上がる言う人がいたらウソつきです。ただしくは使っても使わなくても上がる時は上がるです。

賃貸物件に住んでいて自然災害に遭った場合

アパートやマンション、貸家に住んでいる場合は借りている人は建物自体には保険をかけていません。自分の持ち物ではないので。借りている人は必ず不動産契約時に火災保険に加入しているはずですが契約内容は自分の過失で家に損害を与えた場合に補償するための保険と自分の家財補償を組み合わせた火災保険です。借家人賠償責任保険と言います。借りている人は現状復帰義務があるので、何らかの過失で派手に家を壊してしまうと巨額な修理費用を払えないのでこのような保険加入が必要となります。

では自然災害に遭って建物と家財がめちゃくちゃになった場合、誰が何を補償するのか?建物は持ち主、つまり大家さんが自分でなんとかします。大抵は火災保険に入っているのでそれで修理するなり保険金をもらうなりするでしょう。自然災害は誰の過失でもないので借りている人に修復義務は発生しません。

家財も同様に自然災害の場合は誰の過失でもないので、借りている人が不動産会社で契約した火災保険の家財部分が補償してくれます。大家さんが補償してくれるわけではありません。火災保険で家財を補償すると言っても契約した金額上限までしか補償されないので、もし自分の持ち物が全部で割と高額だと思う人は保険金額を高く設定してもらいましょう。大抵は何も言わなければ最定額の100万円まで補償される契約で加入するんじゃないかなと思います。

まとめると自然災害は自分の物だけ気にしましょうって感じです。

火災保険の地震保険は半分まで

火災保険は唯一、地震に対する補償を付けられる保険ですが付けられる保険金額の上限が火災保険で設定した保険金額の半分までと決まっています。加えて建物は5000万円まで、家財は1000万円までという二重の上限もあります。

個人的には地震保険は加入しておくのをオススメします。地震保険は地域にもよりますが保険料が安いのでどうせ火災保険に入って金払うんならちょい足しで地震も入っとけって感じです。

大規模自然災害に遭ったら保険金は気長に待つべし

災害の規模が大きいと保険会社の社員は超が付くほど忙しくなります。全国の社員が被災地に集合します。そんで回らないといけない家がむっちゃくちゃ多い上に損害の算定にも非常に時間がかかります。基本的に皆さんフル稼働で仕事をこなしていると思うので、もしお宅に伺うのが遅くなったとしても気持ちはわかりますがクレームを付けるのは一旦やめて粛々と手続きを進めていきましょう。ウェルカムなオーラ出したほうが作業しやすいし、その方が結果スムーズに事が運ぶと思いますよ。