USDJPYをレバ3倍くらいまでで長期ホールド

高金利スワップ派の人たちは大体トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソあたりを保有してるでしょうけど、「これいつ戻るんだよ?」っていう期間が長い、長くない?もしかしたらもう戻らないんじゃね?みたいな気持ちになることが多いんじゃないかしら。高金利通貨ってやつは高金利じゃないと価値が無い程度の通貨なのでね、何かあったら下がるのは事前に決まっている通貨なのです。あーもし持ってるのが米ドルだったら下がってもそのうち戻るから気が楽なのになーなんて思ったことはないでしょうか?だったら高金利通貨は今すぐ捨てて米ドル買いましょーう!!

時勢にもよるけれど今は米ドルの政策金利は2.0%とけっこう高い水準だったりする。これ何気に豪ドルの1.5%より高い。よく高金利とは言わないまでも豪ドルもスワップ派に人気の通貨ではあるけれど基軸通貨である米ドルの方が政策金利が高いのであれば豪ドルさえ買う理由が無くなる。今もっとも気持ちよくスワップポイントを受け取れる通貨は間違いなく米ドルでしょう。FXのコスト的にも米ドル円は優れているのもポイント。スプレッドは大抵の国内FX業者であれば0.3pips程度と非常に狭い。トルコリラは狭くて5pipsくらいでしょう。比べると約16.7倍もの差がある。加えてトルコリラのレートはドル円の7分の1(投稿日現在)程度なので個人的には実質35pipsくらいスプレッドがあると思っている。金利云々の前にコスト面で非常に不利と言わざるを得ない。スワップポイントが結構高めで通貨の信頼度も非常に高く、スプレッドがものすごーく狭い米ドル円、こんな魅力的な通貨を買わない手はないでしょう。

高金利スワップ派にとっては保有する通貨を変えるだけなので投資先の移行の手間も最もかからないので非常にオススメの投資先です。レバレッジは欲張っても良いけどあまり欲張り過ぎると気持ちの余裕が無くなってくるので3倍くらいでのびのびと運用するのがよろしいのではないでしょうかね。

FTSE100をレバ2倍で長期ホールド

FTSE100はロンドン証券取引所における株価指数。日経平均のイギリス版だと思っとけばいいでしょう。イギリス株は馴染みがあまり無いけれど比較的高配当な銘柄が多いようでFTSE100をレバ1倍で保有すると概ね年率3.5%前後の配当が得られます。先進国の株式を分散買いでこれだけの配当を得られれば十分満足に値するでしょう。で、これをレバ2倍で保有するので年率7%前後の配当が得られる計算になる。何故レバ2倍なのかと言うとFTSE100は2007年から2009年にかけて約43%下落しているから。リーマンショックってやつですな。そしてそれが最大下げ幅。なのでもう少し余裕を持って50%の下落に耐えられるようにレバ2倍にしましょうってことです。

FTSE100を保有する方法はCFDと呼ばれるFXの株式板のようなもので実現できます。為替リスク無しが希望ならくりっく株365というCFDがあります。ただレバ2倍で運用しようと思うと1枚あたり35万くらい必要なので少額から始めたい人にはGMOクリック証券のCFDがオススメ。こちらは1枚あたり約55000円前後でレバ2倍運用できますですよ。

株価指数は通貨と違い歴史的に見れば上昇トレンドの方が圧倒的に多い。けれど下がる時はガッツリ下がるので少し大袈裟な防衛網を敷くくらいがちょうどいいかなと私は思うよ。そして上昇トレンドが多い分、段々と買い増しにくくもなるので最初に少しまとまった枚数買って後は暴落したら買い増すのがオススメ。

VIXをショートで長期ホールド

個人的に一番オススメなのがコレ。VIXをざっくり説明するとアメリカの主要株価指数SP500のインプライドボラティリティ(予測変動率)を数値化したもの。別名、恐怖指数とも呼ばれるけれど昨今は恐怖指数って言葉を聞かなくなった気がする。けれど仕組みを知らないと怖いことには違いないw

VIX一番の特徴は上昇及び下降どちらも長期トレンドというものが無いこと。基本的には一定の値に張り付いていて、時々グンと上がってまたすぐに元の値に戻るといった具合。VIXに投資する方法は色々あるけれど個人的にはGMOクリック証券のCFDが最も楽で安全だと思っている。売りポジションじゃないと所謂インカムゲイン的なものが得られないという点にもしかしたら抵抗感があるかもしれないがVIXの値動きの仕組み、先物価格の決まり方を理解していれば非常に利益が出やすい投資対象であることがわかると思う。VIXの説明や実際の運用実績は別の記事に掲載しているので是非ご一読していただきたい。VIXに対するアプローチの仕方はまだ試行錯誤の段階ではあるけれど、資金管理さえ出来ていれば私のようなアホでもコツコツ利益を出せる優良物件ですよとキッパリと伝えておきますw

VIX記事リンク

とりあえず上記3つのうちどれか一つでも実際にやってみてはいかがでしょう?高金利通貨を持ち続けるのも別に構わないけれど他にも似たような目的で安全に保有できる投資対象があるよということをお伝えしときたかったのですよ。他にも私が知らない素敵な投資先もあると思うので、トルコリラきっついなぁーって思い始めたら良いきっかけだと思って情報集めて挑戦してみましょう。