もくじ

これらのデメリット気になりますか?

RX0IIはパッと見goproみたいな見た目のカメラだけどアクションカメラではなくてコンデジ。デジタルスチルカメラってやつです。全くの別物なのでgoproの超高画質版やろ!って思ってる方は注意が必要でございます。そしてめちゃ小さいのもウリですが小さいことによって困ることもあったりするので、一般的にデメリットだろうと思われる部分を見ていこうと思うよ!

goproほど画角が広くない

goproは魚眼モードだと画角が140°とか非常に画角が広い。対してRX0IIの画角は84度°とそれなりに差がある。なのでgoproほどのダイナミックな画は撮れないでしょう。ただ超広角って素人には結構扱いが難しくて余計なものがガンガン映ってしまうので感じ方は人それぞれ。しかし次の項の手ブレ補正を考えると画角は広いに越したことはないかなとも思う。もしRX0IIを自撮りメインに考えているんだったら腕それなりに伸ばす必要がある。腕伸ばさないと画の大半が自分で埋まっちゃうかもっていうくらいの画角でございます。

光学式手ブレ補正は無い

RX0IIにはハンディカムのようなセンサー自体が動いて手ブレを抑える光学式手ブレ補正は無く、ソフトウェアで手ブレを抑える電子式手ブレ補正機能がある。電子式手ブレ補正をオンにすると画角が狭くなる。goproは画角が広いので多少画角が狭くなっても問題ないんだけど元々広いわけではないRX0IIの画角がもう少し狭くなるので人によっては大きなマイナスでしょう。ちなみにRX0II専用アプリでジンバル級の手ブレ補正をさらにかけることが出来るんだけど、それやるとさらに画角狭くなります。残念なことに私のタブレットはアプリ非対応だったので試せていないんだけど、アプリで補正できても面倒でやらなそうw

ちなみに私の感覚だと画角が広くないってのは動画撮影においては何のデメリットでもありません。カメラ動かせばなんぼでも収まるんでねw写真だったら広角じゃなきゃいけない場面もあるけど動画だと大半の人は広角じゃなきゃいけない場面って少ないんじゃないかな?それとジンバル級の手ブレ補正いるのかってねwカメラの電子手ブレ補正だけで割と十分な気がしますですよ。

動画撮影中にピント距離を変えられない

所謂AF-Cという機能が今のところ無い。動画はどこかにピントを合わせてから撮影開始するんだけど最初にピント合わせた距離を撮影途中に変えることが出来ない。変えようと思ったらファイル分けないといけない。例えば外歩きで風景撮りから始まってカメラを自分に向けると自撮り中の自分がボヤけているという状況になる。だので自撮りが多い人は注意が必要でしょう。私は自撮りしないので特に問題ありません。そもそも一眼レフほど被写界深度が浅くないのでプロ意識が高い人でもない限りそんなに気になるもんでもなかったりする。Vlogとかだったらたまにピントややずれでもそれが味になったりしちゃうのでね。もしかしたらアップデートで解決する日が来るかも?

当たり前だけどモニターが小さい

本体が小さいので当然ながらモニターも小さい。小さいモニターだと水平出すのがめちゃむずいwwwこれは使って初めて気が付いた。あとモニター小さいと構図がよくわからないってのもある。綺麗な写真が撮れるカメラなだけに悔しいw写真撮らない人にはあまり関係ない部分かもね。このカメラで構図をきっちりさせたかったら外部モニターあった方が間違いなく良いんだけどそれだと本体が小さいっていうメリットが無くなるっていうね。世の中難しいね。

デメリットが気にならない人はそれだけで買いなカメラ

私個人の意見は「自撮りしないで広大な自然を撮らない人は買い」って感じ。画角が広くないってのは超広い景色を撮る場面以外はそんな気にならないんじゃないかなと思いますです。歩き撮りや食べ物を撮るなんかだったら問題ないし家の中で定点撮影する場面はむしろ広角だと余計なものが映ってしまうので画角が広くない方が都合が良いことが多い。車載動画は不利かもしれんね。何よりカメラとしての性能が良いってのが素敵っす。rawで撮れるしF4単焦点レンズの抜け感が素晴らしくまさに小さな巨人的なカメラっすねw見た目がサブカメラっぽいけどメインカメラ余裕なスペックですよ。あくまで個人の感想ですがねwあとあと内蔵マイク優秀。無指向性っぽくて感度バッチリっす。風の音もどういうわけか入りにくい!

Log撮影撮影出来るってのが最高にサイキョー

私がこのカメラを買った最大の理由がLog撮影ができるから。Log撮影はダイナミックレンジが広くなるかわりに映像がめちゃ薄っぺらくなる機能なんだけど、動画編集時にLUTというのを当てると彩度やコントラストが戻りつつ白飛び黒つぶれは抑えられているっていう素人にはよくわからないやつです。実際に使ってみたら非常に豊かでパキッとした画が簡単に作れて最高でした。以下Log撮影例↓

上手な人はもっと良い編集するんだろうけど個人的には満足っす。RX0IIだとピクチャ-プロファイル7で動画撮影するだけ。LUTはソニーのウェブサイトでダウンロード出来ますですハイ。露出補正+2で撮影するのがオススメだとグーグル師匠に教えてもらったのでそのとおりにしたら良い感じでした。露出補正しないと暗いところのノイズが強く出る感じ。LUTを当てるための編集ソフトはハイスペックなPC持ってる人はDavinci Resolve使えばいいしスペック高くない人はshotcutっていうソフトでもLUT当てられます。私はshotcut使いました。セレロンなノートPCでもなんとか編集できたw気軽に高度な編集してる気分になりますw

そんなわけで小さい故のクセが多少あるカメラだけど画質は申し分ないしコンパクトで非常に良いカメラでございます。軽いから装着可能なジンバルも多いでしょう。非常に可能性を感じる私にとってのベストなカメラでしたということでダイレクトなマーケティング記事でございました。ちゃんちゃん。