もくじ

欲張り派遣さんは4月転職が難しい

2019年に入って早々に派遣会社に現在の仕事の契約更新しない旨を伝えた。契約は3月末までだったので3月中は残っていた有給を使い切る形にしたら大体3週間くらいの休みになった。工場派遣なら有給消化中の3週間あれば次の仕事はどこかに見つかるだろうと思っていたが4月は工場で新入社員が入ったり派遣会社の新人が現場に派遣されたりで枠が少し減るらしい。それでも製造業は全体的に人手不足なせいか求人はたくさんあるんだけど、私はせっせと働きたいタイプの人間ではないのでそれなりに理想的な条件の求人に絞ると数は減ってくる。

夜勤は健康面を考慮すると避けたいし引っ越しもするだろうから家賃全額補助の案件が良い、それに金はそんなにいらないから自由な時間が欲しいので残業もたくさんはしたくない。あとキツイ職場はもちろん嫌なので車体の組み立ては避けた方が良いなウンウン。あと通勤時間も長いのは勘弁な。などという条件のもと引っかかる案件に応募して派遣会社に登録してーということを繰り返したものの、どれもこれも枠が埋まっているよゴメンねという感じ。これは日勤の仕事が人気というだけでなくやはり時期的に枠が無いんだそうな。だったらネットに案件載せるんじゃねぇとも思うがきっと派遣会社的には登録者数は大事な指標なんでしょうきっと。ちなみに工場派遣の仕事は交代勤務が圧倒的に多いけれど確実に日勤のみの勤務の方が人気かと言われると不思議とそんなことなかったりする。工場派遣はバイトよりは給料良いけど一般の営業さんとかに比べたら給料低いくらいの水準なので、夜勤、残業手当が欲しいって人が結構いる。まぁ稼いだ金は酒かギャンブルに消えるんでしょうけどねwあと理由はわからないけれど給料を週払いにしてくれないとマジで金が無いって人もちらほらいたりする。江戸時代かな?

そんなわけでこのタイミングで焦って仕事を始めようとすると交代勤務だったり残業たっぷりっていう職場に突っ込みかねないのですこし時間を置いてから転職活動を再開することにしたのです。新しく求人出るかもしれんしね。ってなると自由な時間がたっぷり。時期も時期で桜が咲いているので昼食は毎日のように近所の公園で妻と弁当をゆっくり食べるというエア隠居生活が始まったw

人生で初めて毎日桜をじっくり眺めた

仕事をしていると花見のタイミングってかなり難しい。休日にちょうど天気が良くて桜が咲いてなきゃいけないしそれまでに強風や雨で桜が散っていてもよろしくない。毎年1日タイミング良い日があれば御の字じゃないかな?しかし今年の私達はほぼ毎日桜の下で昼食を摂った。このあたりは妻が動画を撮っていたのでそのうちアップするだろうが非常に平和的な画である。近くを川が流れる見晴らしの良い公園でファミリーがそれぞれの休日を過ごし桜がそよぐ。なんと平和的であろうか。も…桃源郷…ッ!!って感じだ。数年ぶりにやったキャッチボールがやたら楽しく感じたりと新たな発見もあった。あとは横になって寝たりボケっと他のファミリー眺めたり妻は本を読んだり。何もしてないっちゃしてないんだけど有意義な時間を感じた。なんというか清々しい。

結局のところ、私はこういう時間が欲しくて仕事をしている。収入が無いとさすがにずっと続けられないから転職活動をする。私はこういう時間が割と頻繁に欲しい。労働で得られる金の先の時間が欲しいんだわ。都市近郊に住んで初めてわかったけど思っていたよりも多くの人が長時間仕事をしている。朝5時台の電車にスーツ姿のおじさん達がたくさん乗っているし22時過ぎても首都圏の電車はスーツで埋め尽くされている時もある。それをジジイになるまで続けようとしている人が割とたくさんいる。その人たちはジジイになるまで毎日桜を見るような感じの楽しみを取っておいてるのだろうか?それともめちゃ楽しい仕事だから長時間拘束でもオッケーだったりするのかしら?どちらにせよ私にはそういう体力は無い。自分がそういう人種だと思うようにした。金はたくさんあるに越したことはないけどそんなに金が無くても精神的な豊かさは味わえるようだ。もし来年も満足いくまで桜を見れたら割と余裕を持った日々を送っていたなと自分を褒めることにしよう。