もくじ

新たな刺激を求めて鉄道博物館へ

私は今まで生きてきて鉄道、電車というものに興味を持ったことが無い。強いて言えば地方へ向かう車窓からの景色を見るのが好きというくらい。なので乗り鉄という趣味には多少の理解は示せるが撮り鉄にはあまり理解を示せない、というかマナー悪すぎだろって思ってるくらいのスタンス。もっとも乗り鉄は景色を求めて乗ってるわけじゃないんでしょうけどね。加えて電車、列車のフォルムに美しさを見出だせるわけでもなければ仕組み、歴史さえまるでわかっていない。もし学校に「鉄道」という必修科目があったとしたらテストは選択問題を勘で埋めてあとは寝てしまう以外することがないことでしょう。そのくらい鉄道に関して無知でものすごおぉーく遠い距離感がある。

そんな私が何故鉄道博物館に行ったかと言えば、日常に少しの変化を取り入れたかったから。刺激とでも言うべきか。とりあえず日々の中にちょっと変わった事象が加わると気持ちが良い感じになるらしいw詳しいことは全くわからんけど妻がそんなこと言ってましたwwwそれにほら、博物館って楽しいじゃん?とりあえず展示してあるものを見て、説明を読んで適当なストーリーを描くってのが私の中の博物館での一連の作業で結構楽しめるんすよ。というわけでいざさいたま。

ガイドボランティアの力を借りて鉄道に浸ろうとする

さいたま市の大宮駅から鉄道博物館に向かう道の途中から微妙に鉄道博物館のアピールは始まっていて、各線を走る電車の写真と簡単な説明が道中に並んでいた。それらには特に関心を持つことなく鉄道博物館に到着。なんでしょう、やっぱ地方の写真って良いねってくらいしか思わなかったwチケットが非接触型ICカードみたいなやつで入場ゲートがまんま改札でチケットをピッと当てて入る。こういうちゃんと駅っぽくなってるあたりは鉄道ファンだったら嬉しくなるポイントな気がするよ!来る前は濃厚な鉄道マニヤ達が跋扈してるのを想像してたんだけどほぼほぼ家族連れでほのぼのとした雰囲気。平日に行ったということもあって混んでもいなかった。広いキッズスペースがあったり複数のシミュレータ(有料)があって子どもも楽しめる配慮がなされているから家族連れが多いのかもね。

メインの展示室には歴史を感じる車両から比較的最近のデザインに近い車両まで様々な種類の展示品があり非常に空間が広い。これインスタ映えするやつだと思った。ただ自分たちだけで見てもワケワカメ感ありありだったけどタイミング良くガイドボランティアが始まる時間だったのでお願いして一緒に見て回ることにした。ちなみにガイドボランティアはおじいちゃんです。そう、博物館ってのはガイドさんだったり詳しい係員の人に話を聞くのが一番楽しい。向こうは話したくてたまらない、こっちは詳しい人の活き活きとした解説が聴きたい。コレwinwinでしょう。

大体小一時間くらい、最初にイギリスから輸入された1号機関車の解説から始まり、その他各蒸気機関車や天皇が乗るためだけに製造された御料車、新幹線の歴史や電車の解説を割と細かくしてもらった。パンタグラフというものを初めて知った。話を聞いている時は楽しかったんだけど、再び自分たちだけで見て回った時は正直何をどう見たらいいのかよくわからなかったw御料車の解説の時が個人的に一番興味を引かれたような気もしたがよくよく考えるとそれは天皇家のストーリーを想起したからで御料車そのものに対してあーだこーだ言うほどの関心は示せなかったように思えた。ただ御料車の装飾が非常に繊細だったのでコレ一回しか使わなかったなんてもったいねーなーとかは思った。

あとちょっとしたアトラクション的な催しで、一定の時刻になると展示室の中央らへんにあるC57という蒸気機関車がフォーって超でかい音を鳴らすんだけど、音でけぇ以外の感想を持てなかったんすよ。きっと鉄道に関心があればこの音を聞いて色々思うことがあるんだろうけど、あまりに知識が無いと音だなとしか思わないんだねw

興味は求めて得るものじゃないのかも

正直なところ、鉄道博物館に行ったら電車に関心を持つだろうと思って行ったものの結局なんにも感じるものがなく終了致しました。これまでいくつか博物館に行ったけど何も思うところがなかったのは初めて。過去に行った博物館はもしかしたら元々興味がある要素がある所を選んで行っていたのかもしれない。何故私は鉄道に興味を持てなかったんだろうかって変な意味で気になっちゃうよねw生き物とかはすぐに関心示せるのになぁーなんでだろ?とりあえず今んとこは興味があるもの無いものはある程度あらかじめ決まってるもんだと仮定しておきます。同じ機械でもパソコンは好きだしなー。そんでやっぱね、興味を示せないと刺激にもならないっていうw無理なものは無理ってことを鉄道博物館は我々に教えてくれましたとさ。ちなみに鉄道そのものは何一つDisっておりませんし必要なインフラだと思っておりますので悪しからず。